バイナリーオプション攻略

ネットでバイナリーオプション攻略方法を検索すると様々なサイトが出てきます。攻略情報というよりは、証券会社での口座開設を促す内容だったり・・・メルマガで配信しています!などのちょっと怪しいものだったり。たぶん、このサイトを見ている人の中にはそのようなサイトに辿りついた方もいるでしょう。

確かに、バイナリーオプションの攻略情報などがあれば確実に稼げる!という内容を連想させるので、多少のお金を払ってでも情報を得たいと思う人は少なからずいると思います。

しかし、自分が攻略方法を編み出した立場だったら・・・?

みんな同じ事をやりだしたら競合が増え、利益が下がる事が懸念されるのであまり人には教えたくないでしょう。つまり、一概には言えませんがネット上で落ちている攻略情報は信憑性が極めて低いという事が考えられます。「上手い話には裏がある」とはよく言ったものですが正にその通りです。

ですが、攻略のポイントになり得るかもしれない情報はいくつかあります。下記でいくつか紹介していますので参考程度にご覧下さい

レンジ相場を狙って利益アップ

バイナリーオプションを攻略する上でひとつのポイントとなっているのがレンジ相場です。このレンジ相場時に特定の動きすることで大きな利益が見込めます。

レンジ相場とは

レンジ相場は、相場の上限と下限が決まった範囲で上げ下げを繰り返す相場のことを言います。また、ボックス相場と言う事もあります。例えば、円/米ドルの為替相場が100円後半から101円半ばでの推移が数日続いた場合など、レートの上限と下限がある程度の範囲になっている場合。このような相場をレンジ相場と言います。

レンジ相場を狙って両建て取引

両建て取引とは、FXを利用する際売り買いが予想しにくい場合に、売りも買いもどっちも抑える行為です。バイナリーオプションの場合、HIGH&LOWの両方に賭けると言う意味になります。バイナリーオプションでは、この両建てで二つの利益を出すことができます。

例えば、100.30付近まで下降してきたレートが、今後上昇すると予想して、100.30円の時点でHIGHを購入します。その後、仮に予想通りレートが上昇してレンジ上限の100.90に達したので今度は下降を予想して、追加で100.85円の時点でLOWを購入します。

最終的な判定時刻のレートが100.50円になったとします。すると、100.30円で購入した「HIGH」も、100.85円で購入した「LOW」も、ともに的中したことになります。

レンジ相場の逆張りトレード

逆張りトレードとは?

逆張りトレードとは、トレンドに逆らってトレードをお行う取引方法です。上昇トレンドであれば売り、下降トレンドであれば買い、という形で取引します。

その逆張りトレードをレンジ相場の際に行う!という手法もひとつのポイントのようです。バイナリーオプション初心者の方には難しいと思いますのである程度、経験を積んでからチャレンジするのも在りかと思います。